2018年8月30日木曜日

家庭用フレームジグ販売開始のお知らせ

本体は3.2mm厚の鋼板から切り出された一枚板。 もちろんそれだけでは少々剛性不足ですので、木でも鉄でも枠を製作し本体を固定するところからスタートします。
トップチューブ、ダウンチューブの素材径はどんな太さでも使用可能。
任意の径において常に中心を保持できるよう設計されています。
本体含め固定具も鉄製ですので錆止めに油を塗るをお忘れなく!

やっとのことで受注開始です!!
今年の1月に開催されたハンドメイドバイシクル展で、当BYOBブースにて展示しておりました「家庭用フレームジグ」。
おかげさまで(極)一部の方々から絶大なご支持をいただき、この度販売させていただく事となりました。
応援してくださった皆さま本当にありがとうございます。

スタンダードのセットで製作可能なフレームスペックは シートチューブφ28.6mm 、BBシェル68mm幅(JIS)、10QRリアエンド(使い方によりスルーアクスルも可能)、といった内容。  各部アタッチメントの交換によりその他の規格にも対応可能です(別売)。 ヘッドチューブはどんなサイズでも製作可能。 テーパーしているヘッドチューブでの製作には何かアイディアが必要と思われます。  要はご自身の使い方次第でどんな仕様でも。 ということですね。

 試作品での実際の製作から得たフィードバックを元に、完成品ではシートチューブの角度を無段階に設定できるよう改良を加えています。
これでシートチューブ、ヘッドチューブ共に自由な角度設定が可能となり、より自由度の高いフレーム作りが実現します。
各部仕様の細かい説明は写真の説明欄にございます。ぜひ詳細もチェックしてくださいね!
フレームの中心面は本体から150mmの高さに設定され、仮止め時の熱の影響を受けにくいよう設計されています。BBを支える鉄柱は無垢の丸棒で作られ十分な剛性を確保しています。
チェーンステイやチートステイの直角保持用のアタッチメントも装備し、より確実な製作をサポートします。

試作機からの改良点。 フレックスに設定可能なシートチューブ保持部です。
65〜80°の間でお好みの設定が可能です。
シートチューブ径はφ28.6がスタンダードの仕様。
アタッチメントの交換により他の径のシートチューブでも製作可能です(別売)。


ヘッドチューブ角も60~80°の間で無段階で設定可能。 横からチューブを保持するためテーパードヘッドチューブはお勧めできません。 中心を保持する補助具を作れば問題ありませんが。。  ご自身の使い方に合わせてジグそのものもカスタマイズしていただけたら幸いです。

ジグの設定数値どりはAnvil BikeworksやSputnik toolsと共通の、BB中心から前に水平とヘッドチューブ下端中心から真下に出た二本の線と、リアセンターまでの水平値とBBドロップの計4つの数字で行います。 あ、もちろん前後角度も

試作機での製作を請け負ってくれたのも、BYOBでフレーム製作をされてきた仲間の一人、通称”おきゅうとさん”。
京都のご自宅の六畳間でこのジグを使いロウ付けのフレームを作っておられます。
”家庭用”フレームジグの名に違わない使い方が可能であることはすでに証明されているわけですねw
初回特典として、ご購入者様にはこの”おきゅうと”さんの製作指南書をプレゼント!!
基本の使い方はもちろん、フレーム作り全体の流れや製作の注意点など実際に使った方しかわからない内容盛りだくさん。
単に読み物としても濃い内容になっておりますよ〜
(おきゅうとさんって何者?? って方はツイッターで検索!!)

リアエンドの設定も幼児車から29er/ツーリング車などリアセンターの長い車両まで幅広くカバー。もちろん無段階での設定が可能です。
長ネジを使うことで、エンド幅も120~190までさまざまなジャンルのフレームに対応できます。
外径φ12内径φ10のスペーサーの使用などにより、アイディア次第でスルーアクスルのエンド小物も使用可能です。

チェーンステイとシートステイ共通の直角を保持するためのアタッチメントも装備。より確実で正確なフレーム製作を可能しにしています。


初回製作は全4機。
No.001 の写真の現物はBYOBにて展示中&即納可能になっております。
ぜひ現物をご覧ください!!  それ以降は受注生産となります。
価格は¥92,000- 税別。 送料はお問い合わせください。
ご希望の方には実際にこのジグを使ってのBYOBでのフレーム作り教室も受け付けております。
もちろん、製作後ジグはそのままお持ち帰りいただけます。
価格は255,000~(税別。フレーム製作のみ。ジグ代込み。価格は製作内容により異なります。)
ご希望の製作内容と合わせてぜひご相談ください。

初回生産分をご購入の方にはおきゅうとさん謹製の製作指南書をプレゼント!!
実際に治具を使った製作風景が事細かに書かれています。

フこのジグならではの作り方を中心に、レーム作り全体の説明や注意点など、”自宅での”フレーム作りに焦点を当てた極めて貴重な内容になっています。

おきゅうとさん、ありがとうございました! お疲れ様です!!

写真に各部仕様の注釈がございます。合わせてお読みください。
そのほかご不明な点や詳細などメールやお電話でもお気軽にどうぞ。
日本でもより広く自転車を作る文化が広まることを願って!!
BYOB(ikes)の合言葉と共に自転車を作ろう!!

2017年7月29日土曜日

お休みのお知らせ

勝手ではございますが、7月29日より8月1日までお休みさせていただきます。
その間にいただきました問い合わせは2日以降にご対応させていただきます。
よろしくお願いいたします。

2017年3月27日月曜日

4月1日16時〜 BYOB Factory 5周年記念祝い開催!!

誰でも自転車のフレーム作りを体験できる場所、"BYOB(Build Your Own Bikes) Factory"はおかげさまで5周年を迎えることができました。 

ひとえに応援してくださる皆様、自分で物を作ることを願う皆様、そして何よりフレーム作りにお越しいただいた皆様のご支援の賜物です。 
本当にありがとうございます。

それを記念しまして
来たる4月1日に5周年記念パーティーを行います。

2017年 4月1日 From16:00 , Till Dawn!!
@BYOB Factory 参加無料

そして今回は北米西海岸を旅してきた高橋君のおかえりパーティーを合わせて開催!
会場はもちろんBYOB Factoryにて。 毎度のBYOB(Bring Your Own Beer)形式の一品持ち寄り制、会費無し となっております。

フレーム作りにご興味がある方はもちろん、現場をご見学されたい方、自転車旅に興味がある方、ご経験者の皆様もぜひ高橋君の旅の話を聞きにきてくださいね〜!!

皆様のお越しをお待ちしております!!




誰でも閲覧できるFaceBook ページもぜひご覧下さい。

https://www.facebook.com/byobfactory


フレーム作り、ステム政策教室のお問い合わせ&ご質問は下記まで、お気軽にどうぞ!!

BYOB Factory

〒161-0032
東京都新宿区中落合3-29-5

Tel&Fax 03-6908-3934

byob.factory@gmail.com

2016年11月14日月曜日

11月14日臨時休業のお知らせ


本日11月14日は都合により臨時休業させて頂きます。
ご迷惑をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

BYOB Factory

2016年11月8日火曜日

高橋君の、旅行編。現状報告。


現在アラスカからカナダ西海岸、からのアメリカ西海岸を縦断中の高橋君。
フレーム製作編を終えて旅編をスタートしてくれていますよ〜!!

自転車旅をご予定の人は旅の参考に!
「そんな時間無いよ!」と現実に生きる人は いいな〜 と現実逃避の材料にw!
ぜひお読みください〜!!


=======================


北米をサイクリング中の高橋です。

ご無沙汰しております。
早いもので、前回の投稿をしてから1ヶ月。日本を出発してから、4ヶ月が経過しています。

旅行編自体は最近ようやく記入が追い付き、パソコンに入力済みですが、なかなかアップロードしている暇がなく、BYOBブログに掲載できていません。

アラスカ、カナダ、アメリカとサイクリングしていて、小さな町にも、大体ビジターセンターがあり、Wi-Fiが使えます。
使えるなら、どんどんアップロードすればいいんですが、私の場合、この先のルートのことや、天気、道中でお世話になった人へのメールを送信したりしていると、すぐに1時間くらい経っていて、なかなかパソコンを広げる時間がないことがほとんどです。

ですので、他の海外サイクリング中の方が定期的にブログを更新している方を尊敬します。

そんなことをいっていても始まらないので、今後はできるだけ時間を作って、アップロードしていく予定です。

旅行編を投稿する前に、現状報告をします。



この日記は2016年11月1日、アメリカ、ワシントン州、シアトルで記入しています。

アンカレッジを8月6日に出発して、88日経過しています。
今は、シアトルに留学している友人のアパートに泊まらせてもらっています。

これまでの道中、色々あったのですが、そのあたりは追々アップロードするとして、ルートと距離だけ記載しておきます。

【総移動距離】4850km

【ルート】
分からないなりに、グーグルマップを埋め込んでみましたが、見にくいですね。
今後、精進していきます。


自転車は現在、快調です。
途中、リアディレーラーがもげたりもしましたが、修理も終わりました。

他にはトラブルもなく、毎日楽しく過ごしています。

これからは西海岸の海岸沿いをサンディエゴを目指して走っていく予定です。
アメリカ再入国で90日間のビザをいただいたので西海岸を楽しみたいと思っています。


これまでよりも頻繁にアップロードしていけたらと思っていますので、よろしくお願いします。

高橋






2016年11月4日金曜日

Hさんのディスクロードが完成!!



夏の終わりにフレームを完成させたHさん、塗装も終了し、組み立てた写真を送っていただきました〜!!
ハーレーダビットソンの整備士をされているHさん、どんな乗り物もお好きだそうで、ロードフレームを製作されました。



走り出してすぐの感想は
「自分で作ったんだからマトモな訳がない と思っていたけど、スゲーよく走る!!」
だったそうw
”嬉しい誤算”といえばそれまでかもしれませんが、Hさんの頑張りがそのフレームを形にしたのです。
そりゃ製作者さんにとっては嬉しい限りですよね!!


製作されたのはテーパードコラム対応のヘッドチューブに、ディスク台座も備えたロードフレーム。
組み立ては元お乗りのロードからの乗せ替えでキャリパーブレーキ仕様ですが、今後ちょっとずつスペックを入れ替えていくそうです。
本当の完成はもうちょっと先 ってことですね。
自分の計画に合わせてフレームスペックを決められる自作フレームならではの楽しみみ方ですね!!
Hさん、製作お疲れ様です & 完成おめでとうございます!!




誰でも閲覧できるFaceBook ページもぜひご覧下さい。

https://www.facebook.com/byobfactory


フレーム作り、ステム製作教室のお問い合わせ&ご質問は下記まで、お気軽にどうぞ!!

BYOB Factory

〒161-0032
東京都新宿区中落合3-29-5

Tel&Fax 03-6908-3934

byob.factory@gmail.com

2016年10月13日木曜日

Bakansu cycles展示会開催のお知らせ!!

BYOB Factoryで日曜日の営業を担当してくれている Bakansu cycles(バカんすサイクルズ)さんが初の展示会を開催されますよ〜!!
場所は千葉県市川市のバカんすサイクルズさんの工房にて。

この4年で製作された車両が一挙に集結するとのことで、見応えはたっぷりではないでしょうか!?
今週の土日15、16日の開催ですが、
BYOBの面々は15日の土曜日にお邪魔する予定。
共に進んできたメンバーとしてその遍歴を見せてもらうのがとても楽しみです。
ビルダーの「タマゴさん」こと菊池氏の人柄が滲み出る、どこか”張りつめない”空気感の漂う独特のフレーム造形をぜひその目でご確認ください!
詳細はこちらのFBイベントページをチェック!!

タマゴさん、楽しみにしています〜!!

以下、バカンスさんより

Bakansu cycles is here!(バカンスサイクルはこちらです!)
と題して今までに製作させていただいた自転車を集め展示イベントを開催します。
4年間で製作させてもらった初期の作品から現在製作中のフレームまで全てではありませんがバカンスサイクル大集合!となる予定です。
オーナーの手に渡り乗り込んでアジの出たフレームに再開するのは私自身とても楽しみにしています��
試乗していただける自転車も用意しますので是非遊びにいらしてください〜��

日時:10/15(土曜日)12:00〜20:00
10/16(日曜日)10:00〜17:00
場所:123ビルヂング1F バカンスサイクル工房
詳しいアクセスはこちらで↓
http://123building.jimdo.com/?mobile=1
駐車スペースがあまりありませんので出来る限り公共交通機関、自転車でのお越しをお願いしますm(_ _)m

16日はディーポのみんなとサンドイッチパーティを123ビルヂングの屋上で行う予定です。
それぞれのお好きな具材、パンを持ってきてもらいシェアして自分のお好きなサンドイッチを作って楽しむサンドイッチパーティです。
※マイ食器、マイカップ、自分のドリンク持参でお願いします。サンドイッチパーティは雨天の場合中止となります

皆様のお越しをお待ちしていますね〜!